[お友だち登録]LINEフォームURLの 認証方式について

2022/02/28

LINE のフォーム入力画面は、下記3つの表示方式をご選択いただけます。

本記事では、各表示形式についてご紹介させていただきます。

LINER 管理 - [基本設定] - [基本設定と接続先アカウント一覧]-アカウント名をクリック-

編集をクリック後、 [友だち登録表示方法]からお選びいただくことが可能となっております。

image.png

認証画面埋め込み 方式

LINE公式アカウントにてID検索または、QRコード等でお友だち登録を先に実施し、

エンドユーザーが任意のタイミングでSalesforceへの連携(フォームへのアクセス)を実施いたします。

スクリーンショット 2022-02-08 18.44.27.png


メリット

・上記、単独で表示方式の離脱ポイントは回避できる

・QRコード読み取り時にデフォルトのブラウザが開くことがないので、手間がかからない

・LINE公式アカウントのID検索、友だち登録URL(QRコード)が利用できる

デメリット

・エンドユーザーが友だち登録のみで、Salesforce連携までしない可能性が従来のフローよりも高い

 ※友だち追加ボタンを見逃しやすい


離脱ポイント1

スクリーンショット 2022-02-08 18.49.56.png

注意

LINE公式へ先にお友だち登録をしていただく必要があります。

LINE公式のお友だち登録がないまま、URLを踏んだ場合は必ず「友だち追加」をタップいただく必要があります。

スクリーンショット 2022-02-08 18.57.08.png

単独で表示 方式(従来の方式)

ユーザ様は下記順序で、お友だち登録をおこないます。

LINER のURLを踏んでいただくと、LINE公式と、LINERに同時にお友だち登録(連携)される方式となります。

スクリーンショット 2022-02-08 16.58.05.png

メリット

・ユーザ様がお友だち登録を行う際、直接LINER のURLを踏んでいただくため、Salesforce連携までの流れを意識しなくて良いです。

・LINE公式のお友だち登録数と、Salesforceで連携されたお友だちの数に差が出にくくなります。


デメリット

・OSやブラウザの違いで、LINEログインのQRコード読み取り時にデフォルトブラウザが開き、認証画面が出てしまう

・LINE公式アカウントのID検索、友だち登録URL(QRコード)が使えない

離脱ポイント1

・途中で離脱してしまったり、登録に失敗してしまうとお友だち再登録の操作が煩雑になりLINERに登録されない

スクリーンショット 2022-02-08 18.38.40.png

離脱ポイント2

・iOSをご利用のユーザ様で、デフォルトのブラウザをSafariではなく、

 Chrome/Edge等の場合、URLをタップするとブラウザ側でLINEの画面が表示されます。

 ※デフォルトブラウザがSafariの場合はLINEアプリが自動で立ち上がります。

スクリーンショット 2022-02-08 18.41.52.png

表示しない 方式

LINE公式アカウントにてID検索または、QRコード等でお友だち登録を先に実施し、

エンドユーザーが任意のタイミングでSalesforceへの連携(フォームへのアクセス)を実施いたします。

メリット

・友達登録画面をスキップさせることができ、離脱ポイントを回避できる

・Salesforce連携からの導線を切り分けることができる

デメリット

・エンドユーザーがLINE公式の友だち登録のみで、Salesforce連携までしない可能性が「単独で表示」フローよりも高い

2022-03-07_13h21_48.png

注意

LINE公式へ先にお友だち登録をしていただく必要があります。

LINE公式のお友だち登録がないまま、URLを踏んだ場合は「登録キャンセルしました」画面が表示されます。

次へ[お友だち登録]動的フォームの設定手順

この記事は役に立ちましたか?

0人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事