LINER パートナーコミュニティ設定

2022/11/29

概要

本資料は、パートナーコミュニティが構築済みの環境で LINERを利用可能とする設定の手順となります。

※ パートナー環境の構築や設定の方法につきましては、LINERの範疇外となります。

前提

・LINERは フレームワーク に aura を利用したページのみでの利用に対応しています。LWR を利用した ページには対応していません。

・パートナーユーザのロール毎にレコード表示の権限が切り分けられるものとします。

パートナーコミュニティの基本設定

 1.パートナープロファイル設定

1.パートナーに割り当てるプロファイルに権限を追加します。

※ 標準の Partner Community User では設定を編集できない場合がありますので、その場合はプロファイルをコピーして利用してください。

2.「割り当てられた接続アプリケーション」にて、「LINER_HEROKU_APP」を割り当てます。

image.png

※ LINER ステージング環境の場合、接続アプリケーション名が異なります。

3-1 パートナーにリストビュー作成を許可する場合、「システム権限」ー「 リストビューを作成およびカスタマイズ」を選択してください。

image.png

3-2 LINER メッセージ一括配信画面にて、リストビュー検索を行う場合は「システム権限」ー「APIの有効化」を選択してください。

image.png

3-3 LINER用にパートナーに割り当てるプロファイルを新規作成した場合は、パートナーユーザと パートナーサイトのプロファイル設定の確認をお願いします。

パートナーユーザのプロファイルを確認

image.png

パートナーサイト 「管理」ー「メンバー」でパートナープロファイルの選択を確認

      • image.png

 2.パートナーユーザへの権限セット付与

LINERを利用するパートナーユーザに対し、「LINER Partner User」権限セットを割り当ててください。

image.png
image.png

 3.パートナーユーザロール設定の変更

パートナー取引先毎にロールが作成されるように 共有設定の変更をお願いします。

※ 本設定をしていない場合、予期せぬレコードがパートナーで見える状態となる可能性があります。

・「設定」ー「共有設定」 を編集し「作成されるロール数を最小限に抑えて、処理の負荷を軽減し、パフォーマンスを向上させる」のチェックを外して保存してください。

image.png

・本設定のチェックを外す前に作成されたパートナーユーザは、複数の取引先パートナーが同一ロールで作成されている可能性があります。

image.png

回避方法)1つの取引先で、2つ目のパートナーユーザを作成いただくと、取引先ロールに移行します。(追加したユーザは利用しなくても良い)

image.png

 4.リモートサイト設定の追加

1.「設定」ー「デジタルエクスペリエンス」ー「すべてのサイト」より、パートナーページの URLをメモします。

image.png

2.「設定」ー「リモートサイトの設定」ー「すべてのリモートサイト」を開き、「新規リモートサイト」を押下します。

image.png

3.リモートサイトの編集ページで、値を入力して「保存」ボタンを押下します。

image.png

・リモートサイト名:任意の名前を入力 (英数字、アンダースコア)

・リモートサイトのUR:パートナーページのURL

・有効:チェックあり

 5.パートナーユーザへLINERライセンスの付与

パッケージマネージャより、パートナーユーザへ LINERライセンスの付与をしてください。

image.png

 6.LINER設定レコードの共有設定

・パートナーで利用するLINER設定用項目を公開グループにて共有する。

・LINERを利用するパートナーユーザの公開グループを作成

・ここでは「LINER Partner Community」と命名

image.png

・公開グループ「LINER Partner Community」に対し、共有設定を追加する。

image.png

ステップ1:ルールタイプを選択します、で以下のように設定します。

対象オブジェクト
アクセス権
LINEアカウント
参照のみ
LINE送信情報
参照のみ
Mapping Setting
参照のみ
Message Tempate
参照・更新
Record Template
参照のみ
Scheduled Rich Menu Jobs
参照のみ
SMS Config
参照のみ
Twilio Conversation
参照のみ
シナリオオブジェクト
参照のみ
一般設定
参照のみ
認証API設定
参照・更新

送信先オブジェクトに指定したオブジェクトについては、適宜共有ルールを設定してください。

パートナーページのカスタマイズ

 1. 送信先オブジェクトページ、及び 1on1チャット の作成

・ここでは、送信先オブジェクトがリードの場合について記載します。

・「ページのプロパティ」から、「新規ページ」を選択します。

image.png

・オブジェクトページを選択します。

image (3).png

・リードを選択して作成を行います。

image.png


・作成後、リードの詳細ページに移行します。

image.png


・コンポーネント(稲妻マーク)から「Anslut_CanvasMessage」を Content領域(レコ―ド詳細の下)にドラッグします。

image.png


・Anslut_CanvasMessage が追加され、1on1チャット利用できる状態となります。

image.png

・メニューにリードを追加します。Navigation Menu をクリックし、ナビゲーションメニューのポップアップを表示します。メニュー内の「Default Navigation」を選択します。

image.png

・「メニュー項目を追加」を選択します。

・名前に ナビゲーションメニューで表示する名前を入力

・種別は Salesforce Object を選択

・オブジェクトの種類はリードを選択

・ページは、上記で新規作成した ページ名を入力します。

・最後に「メニューを保存」を押下します。

image.png

・ナビゲーションメニューにリードが追加され、オブジェクトが表示できるようになります。

 2.チャットコンソールページの作成

・「ページのプロパティ」から、「新規ページ」を選択します。

image.png


・標準ページを選択します。

image.png


・任意のレイアウトを選択して「次へ」を選択します。

image.png



・ページ名とURL、API参照名を作成します。(任意の値を入力してください)

・名前は ページを開いたとき、ブラウザに表示される名称となります。

・API、URLは英数字、アンダースコア で入力してください。

image.png



・コンポーネント(稲妻マーク)から「Anslut_CanvasApp」を Content領域にドラッグします。

image.png



・配置後は以下のような表示となります。

image.png



・メニューへチャットコンソールを追加

・Navigation Menu をクリックし、ナビゲーションメニューのポップアップを表示します。メニュー内の「Default Navigation」を選択します。

image.png



・「メニュー項目を追加」を選択します。

・名前に ナビゲーションメニューで表示する名前を入力。

・種別はサイトページを選択

・ページは、上記で新規作成した ページ名を入力します。

image.png

・メニューを保存すると、ナビゲーションメニューに反映されます。

image.png


 3.メッセージ一括送信の作成

・「ページのプロパティ」ー「新規ページ」ー「標準ページ」を作成します。

・作成したページに「Anslut_SendMulticastCommunity」をドラッグしてください。

image.png
image.png

・ナビゲーションメニューから メッセージ一括送信の サイトページを追加してください。

 4.テンプレート管理の作成

・「ページのプロパティ」ー「新規ページ」ー「標準ページ」を作成します。

・作成したページに 「Anslut_MessageTemplateList」をドラッグしてください。

image.png
image.png

・ナビゲーションメニューから テンプレート管理の サイトページを追加してください。

5.ジョブ一覧の作成

・「ページのプロパティ」ー「新規ページ」ー「標準ページ」を作成します。

・作成したページに 「Anslut_SendSMSScheduleManage」をドラッグしてください。

image.png
image.png

・ナビゲーションメニューから ジョブ一覧の サイトページを追加してください。

前へ応答時間設定

次へ複数公式アカウント接続に関しての考慮事項

この記事は役に立ちましたか?

0人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事