[お友だち登録]仮登録ユーザ有効化手順と、確認方法

2022/03/09

ver1.550007 以降のマニュアルとなります。


「仮登録ユーザ」と「本登録ユーザ」について

  • 仮登録ユーザ とは
    LINE公式アカウントのみへ友だち登録したユーザ(LINERのフォームは通過していないユーザ)を指します。

    • 仮登録ユーザ機能を有効化すると、LINERのフォームを通過していないユーザも連携させることが可能です。
      ※フォームを通過させないため、LINEのプロフィール名以外はLINER側で事前に設定した値が反映されます(手順4参照)

    • 仮登録ユーザに関しても本登録ユーザと同様にすべての機能(一括配信や、リッチメニュー の設定)をご利用いただけます。
      ※ただし、本登録ユーザに格納された値を活用するような操作は実現いただけません。(LINEのプロフィール名と登録されるため)

  • 本登録ユーザ とは
    • LINERのフォームを通過してLINERと連携したユーザのことを指します。
      ※ 仮登録ユーザとして登録された場合、LINERのフォームをご登録いただくと本登録ユーザへと昇格します。



新規インストール時、有効化する場合の設定方法

  • 手順2(「アップデートの場合の「2.仮登録LINE友だちフラグに以下の値を入力」)から設定をお願いいたします。

アップデート後、有効化する場合(v1.55以前よりご利用いただいている組織)

1. オブジェクトマネージャ > Mapping setting > ページレイアウト > Mapping setting Layout から以下の項目を追加

    • Is Guest Line Friend
    • Is Guest Line Friend Sync
    • image


2. 仮登録LINE友達フラグに以下の値を入力

    • anslut__Is_LineGuest__c
      ※ パッケージインストール時にリード、取引先、取引先責任者に追加されます
      ※ カスタムオブジェクトの場合はAPI参照名を Is_LineGuest で作成してください

    • 2022-03-23_16h45_21.png

3. 「仮登録フォーム有効化フラグ」をONにします

    • 本登録フォーム設定 > [編集] > 「仮登録フォーム有効化フラグ」をONにしてください
      • この項目をtureに設定すると「仮登録フォーム設定」タブが表示されます
    • 2022-03-20_13h50_56.png

4. 仮登録フォームに任意の項目や項目のデフォルト値を設定

※「LINEプロフィール名格納」項目に設定している項目にLINEのプロフィール名が反映されます。

※送信先オブジェクトがリード、取引先責任者、個人取引先の場合、LINEプロフィール名格納項目がデフォルトでONになり、変更できません。
※初期は、本登録フォームで設定されている必須項目と項目のデフォルト値が反映されます。
※仮登録フォームには必須項目のみ反映されます。その他の項目も自由に設定可能です。
※入力規則に沿ったデフォルト値を設定してください。正常に同期されないことがあります。

    • 2022-04-15_16h40_15.png

5. 仮登録のLINE友だちを同期のチェックボックスをtureに設定

    • この項目をtureに設定すると仮登録機能が有効化されます。
      • 必ず仮登録フォームの必須項目にデフォルト値が設定されていることを確認してください。同期に失敗する可能性があります。
    • 2022-03-20_13h57_22.png

6. 仮登録フォーム設定の編集→保存ボタンをクリック

   ※ 仮登録フォーム内容に変更がなくても、編集・保存をしてください。保存時に仮登録フォームのデフォルト値がLINERに反映されます。

② 2022-05-10 153748.png
③ 2022-05-10 153810.png

「LINE友だちデータ取得」での仮登録ユーザのページの確認方法

1. 仮登録ユーザの同期・未同期の総数は友達一覧から参照できます

    • 2022-02-25_12h44_38.png

2. 仮登録ユーザを絞り込みたい場合、リストビューの検索条件に以下の条件を追加すると絞り込み可能です

    • 項目:LINEゲストユーザ
    • 演算子:次の条件と一致する
    • 値:true
      ※問い合わせ管理=リードとなっております。

    • 2022-02-25_12h49_30.png

仮登録機能を有効化しても「未同期(仮登録)」のままになるレコードについて

スクリーンショット 2022-03-11 19.21.31.png

同期済み仮登録ユーザ に格納されたお友だちとは一括配信や、チャットボット機能など、本登録ユーザと同様の機能をお使いいただけます。
未同期仮登録ユーザ  未同期になってしまう原因を解消後、「LINE友だちデータ再取得」を押下していただくことで同期可能です。


仮登録ユーザ機能に関してのFAQ 一覧

Q1. 仮登録ユーザ機能を有効化しましたが、反映されていないようです。どうしたらいいですか?

 A. 正常に反映されない場合は下記の項目を一度OFFにし、再度ONにしていただきご確認いただけますと幸いです。

2022-03-10_14h11_49 (1).png

Q2. LINEデータ友だち一覧の情報が取得されません。どうしたらいいですか?

A. ご利用ブラウザのキャッシュ削除をお試しいただきますよう、お願いいたします。

Q3. display_nameへ「姓」以外の項目を設定しています。回避策はありますか?

A. 今回のバージョンアップでは「姓」のみの対応となり、現状、仮登録ユーザ機能をご利用いただく場合は、「姓」をセットしていただく必要がございます。

 なお、今後は開発で、チャットコンソールへ姓名などの表示ができるような改善改修を行う予定となります。

ver1.550007より「姓」以外の項目に対応しています。

LINEチャットコンソール上の友達の名前に使用したい項目を選択してください。

図1.png

Q4. 仮登録ユーザの「同期」とはどういう状態を指しますか?

A. 画面の青枠内が「同期済みの仮登録ユーザ」、オレンジ枠内が「未同期の仮登録ユーザ」です。
LINERの初期設定後に登録かつ、フォーム入力を行っていないお友だちはすべて「同期済みの仮登録ユーザ」として、レコードが作成されます。

※ただし仮登録機能が正しく設定されていない場合は未同期仮登録ユーザとして登録されます。

スクリーンショット 2022-03-10 15.45.17.png

友だち一覧画面の確認方法に関しては下記記事もご確認くださいませ。

[お友だち登録]LINE友だちデータ画面 の確認方法

前へ[お友だち登録]動的フォームの設定手順

次へ[お友だち登録]外部キーに関しての設定

この記事は役に立ちましたか?

0人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事