[初期設定2]SMS初期設定用のフロー

2022/12/03

本記事に記載のフローは、SMS機能をご利用の皆様は必ず設定を実施いただくフローとなります。

こちらのフロー作成に取り掛かる前に、必ず[初期設定1]SMS接続設定をご確認くださいませ。

1. (SMS利用組織は必須)SMS電話番号変換フロー作成

送信先オブジェクト設定のSMS送信元電話番号に設定した項目を、

SMS用番号格納先に設定した項目へと変換するためのフローを作成します。

※今回使用するオブジェクトと項目のAPI参照名は各環境によって異なるため注意して設定してください。

1. Salesforce[設定]-[フロー]から「新規フロー」をクリックします

スクリーンショット 2022-11-28 16.20.00.png

2. 「レコードトリガーフロー」を選択し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2022-11-28 16.21.05.png


3. フローの開始要素を下記項目を入力して完了をクリック

設定
設定値
オブジェクト選択
送信先オブジェクトに設定したオブジェクト
トリガ設定
レコードが作成または更新されたとき
エントリを設定
なし
フローを最適化
アクションと関連レコード
スクリーンショット 2022-11-28 16.18.04.png

4. 新規リソースを4つ作成します。

スクリーンショット 2022-11-28 16.18.52.png

【注意】以下、「API参照名」は後ほど利用するため可能な限り同じAPI参照名をいれてください。

4-1 新規リソースを作成し、設定画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
isNewPhone
データ型
Boolean
数式
ISNEW() && !ISBLANK({!$Record.Phone})
スクリーンショット 2022-11-28 16.35.48.png

4-2 新規リソースを作成し、設定画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
changePhone
データ型
Boolean
数式
ISCHANGED({!$Record.Phone})
image.png


4-3 新規リソース設定画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
changeOwnerUser
データ型
Boolean
数式
ISCHANGED({!$Record.OwnerId}) && !ISBLANK({!$Record.Phone})
スクリーンショット 2022-11-28 17.21.51.png


4-4 新規リソース設定画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
isChangeLastName
データ型
Boolean
数式
ISCHANGED({!$Record.LastName}) && !ISBLANK({!$Record.Phone})
スクリーンショット 2022-11-28 17.25.05.png

5. レコードトリガーフロー開始の真下の[+]をクリックし、「決定」の要素を追加します。

image.png

6.「決定」要素にて、下記の値を設定して[完了]をクリック

設定
設定値1
表示ラベル
任意(例:電話番号形式チェック)
API参照名
任意(例:Check_format_phone)
表示ラベル
任意(例:SMS格納先電話番号を更新)
結果のAPI参照名
任意(例:vaild_Change)
結果を実行する条件の要件
いずれかの条件に一致(OR)
リソース:isNewPhone 
次の文字列と一致する - True
リソース:changePhone ※
次の文字列と一致する - True
リソース:changeOwnerUser ※
次の文字列と一致する - True
リソース:isChangeLastName ※
次の文字列と一致する - True

※【注意】リソースには上記で作成したリソースのAPI参照名と同じ値を入力します

MicrosoftTeams-image (5).png

7. 2つ目の結果を追加します。

image.png

8. 以下のように条件を設定します。

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:Delete_SMS_Phone)
説明
任意
結果を実行する条件の要件
すべての条件に一致(AND)
リソース設定
演算子

{!$Record.Phone}
null
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.SMSSendPhoneNo__c}
null
{!$GlobalConstant.False}

Phone には「SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

※ SMSSendPhoneNo__c には SMS接続設定のカスタム項目作成 で作成した、

 「SMS用番号格納先」の項目を選択してください。

MicrosoftTeams-image (6).png

9. 下記添付画像のように「アクション」要素をクリックします。

image.png

10. 以下のように値を入力し、完了をクリック

設定
設定値
アクション
Change SMS Phone Format
表示ラベル
任意(例:電話番号形式変更)
API参照名
任意(例:Change_sms_format_phone)
ids(含める)
{!$record.Id}
image.png

11. 「レコードを更新」要素をクリック

image.png

12. 「レコードを更新」要素の下記の値を設定して完了をクリック

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:DeleteSMSPhone)
説明
任意
更新するレコードを検索してその値を設定する方法
フローをトリガした リード レコードを使用
レコードを更新する条件の要件
なし-常にレコードを更新
リードの項目値をレコードに設定
リードの項目値をレコードに設定
項目:SMS格納先電話番号のAPI参照名
※例:SMSSendPhoneNo__c

値:空白
スクリーンショット 2022-09-07 16.03.06.png

13.上記設定が完了したら「保存」をクリックし、表示ラベル等入力完了しましたら「有効化」をクリック

image.png
image.png

2. (SMS利用組織は必須)レコード削除時、Heroku側のSMSデータも同時に削除を行うためのフロー

Salesforce側でレコードを削除した際、Heroku側にあるSMSデータも同時に削除を行うフローを作成します。

※今回使用するオブジェクトと項目のAPI参照名は各環境によって異なるため注意して設定してください。

1. Salesforce[設定]-[フロー]から「新規フロー」をクリックします

スクリーンショット 2022-11-28 16.20.00.png

2. 「レコードトリガーフロー」を選択し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2022-11-28 16.21.05.png


3. 以下のように設定を行い完了をクリック

設定
設定値
オブジェクト選択
送信先オブジェクトに設定したオブジェクト
(リード/取引先/取引先責任者)

トリガ設定
レコードが削除された
エントリを設定
なし
MicrosoftTeams-image (8).png

4. 下記添付画像のように「アクション」要素をクリックします

image.png

5. 以下条件を設定して[完了]をクリック

設定
設定値
アクション
Handle Delete SMS Contact
表示ラベル
任意(例:Account Id)
API 参照名
任意(例:Account_id)
ids(含める)
{!$Record.Id}
image.png

6. 上記設定が完了したら「保存」をクリックし、表示ラベル等入力完了しましたら「有効化」をクリック

MicrosoftTeams-image (9).png
MicrosoftTeams-image (10).png

3. (リード利用組織は必須)取引の開始に対応するためのフロー

※送信先オブジェクトをリードにしているお客様は必ず設定をしてください。

(リードから取引先責任者orリードから法人/個人取引先に取引の開始を行う組織は設定が必要です)

1. 「レコードトリガーフロー」を選択し、「作成」をクリック

スクリーンショット 2022-11-28 16.21.05.png

2.以下のように設定します。
※コンバート後のオブジェクトが取引先責任者の場合、オブジェクトに取引先責任者と入力します。

設定
設定値
オブジェクト
取引先責任者 or 取引先
トリガを設定
レコードが更新された
エントリ条件を設定
すべての条件に一致(AND)
項目
anslut__LeadId__c
演算子/値
null - false
MicrosoftTeams-image (7).png

3.  新規リソースを2つ作成します。

スクリーンショット 2022-11-28 16.18.52.png

【注意】以下、「API参照名」は後ほど利用するため可能な限り同じAPI参照名をいれてください。

3-1. 新規リソース作成画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「取引開始後SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
changeOwner
データ型
Boolean
数式
ISCHANGED({!$Record.OwnerId}) && !ISBLANK({!$Record.Phone})
image.png

3-2. 新規リソース作成画面にて以下のように値を入力します。

Phoneの部分は「取引開始後SMS送信元電話番号」に設定されている項目のAPI参照名を入力します

ConvertSMSSendPhoneNo__c の部分は「取引開始後SMS用番号格納先」に設定されている項目のAPI参照名を入力します。

設定
設定値
リソース種別
数式
API参照名
changePhone
データ型
Boolean
数式
ISCHANGED({!$Record.Phone})  ||
( ! ISBLANK({!$Record.Phone}) && ISBLANK({!$Record.ConvertSMSSendPhoneNo__c}) )

image.png

4. レコードトリガーフロー開始の真下の[+]をクリックし、「決定」の要素を追加します。

image.png

5.「決定」要素にて、下記の値を設定して[完了]をクリック

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:電話番号形式チェック)
API参照名
任意(例:check_vald)
表示ラベル
任意(例:SMS格納先電話番号を更新)
結果のAPI参照名
任意(例:valdChange)
結果を実行する条件の要件
いずれかの条件に一致(OR)
リソース:changeOwner ※
次の文字列と一致する - True
リソース:changePhone ※
次の文字列と一致する - True

※【注意】リソースには「3.  新規リソースを2つ作成します。」で作成したリソースのAPI参照名を入力します

MicrosoftTeams-image (10).png

6. 2つ目の結果を追加します。

MicrosoftTeams-image (10).png


7. 以下のように条件を設定します。

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:Delete_SMS_Phone)
説明
任意
結果を実行する条件の要件
すべての条件に一致(AND)
リソース設定
演算子

{!$Record.Phone}
null
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.ConvertSMSSendPhoneNo__c}
null
{!$GlobalConstant.False}

Phone には「取引開始後SMS送信元電話番号」に入れている項目のAPI参照名をご記入ください。

※取引開始後のオブジェクト(取引先責任者or取引先)内に作成した項目となります。
ConvertSMSSendPhoneNo__c
 には「取引開始後SMS用番号格納先」に入れている項目のAPI参照名をご記入ください。

※コンバート後のオブジェクト(取引先責任者or取引先)内にある項目です

MicrosoftTeams-image (6).png

8.下記添付画像のように「アクション」要素をクリックします。

image.png

9. 以下のように値を入力し、完了をクリック

設定
設定値
アクション
Change SMS Phone Format
表示ラベル
任意(例:電話番号形式変更)
API参照名
任意(例:Change_sms)
ids(含める)
{!$record.Id}
image.png

10. 「レコードを更新」要素をクリック

image.png

11. 「レコードを更新」要素の下記の値を設定して完了をクリック

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:DeleteSMSPhone)
説明
任意
更新するレコードを検索してその値を設定する方法
フローをトリガした XXX  のレコードを使用
※XXXはコンバート先オブジェクトにより異なります

レコードを更新する条件の要件
なし - 常にレコードを更新
リードの項目値をレコードに設定
リードの項目値をレコードに設定
項目:SMS格納先電話番号のAPI参照名
※例:ConvertSMSSendPhoneNo__c

値:空白
MicrosoftTeams-image (7).png

12.上記設定が完了したら「保存」をクリックし、表示ラベル等入力完了しましたら「有効化」をクリック

image.png
image.png

X. (利用不可・旧式)電話番号変換のためのフロー設定手順

こちらは設定しないでください

送信先オブジェクト設定のSMS送信元電話番号に設定した項目を、

SMS用番号格納先に設定した項目へと変換するためのフローを作成します。

今回使用するオブジェクトと項目のAPI参照名は各環境によって異なるため注意して設定してください。

スクリーンショット 2022-11-18 195250.png

1. Salesforce[設定]-[フロー]から「新規フロー」をクリックします

image.png

2. 「レコードトリガーフロー」を選択し、「作成」をクリック

2022-05-10_12h02_04.png


3. フローの開始要素を下記項目を入力して完了をクリック

設定
設定値
オブジェクト選択
送信先オブジェクトに設定したオブジェクト
トリガ設定
レコードが作成または更新されたとき
エントリを設定
なし
フローを最適化
アクションと関連レコード
image.png

4. レコードトリガーフロー開始の真下の[+]をクリックし、「決定」の要素を追加します。

スクリーンショット 2022-08-03 17.29.59.png

5. 「決定」要素にて、下記の値を設定して[完了]をクリック

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS電話番号の値 格納判別)
API参照名
任意(例:Check_SMS_Phone)
説明
任意
スクリーンショット 2022-08-03 17.38.34.png

下へスクロールし、さらに結果の詳細の入力を行います。

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を更新)
API参照名
任意(例:Update_SMS_Phone)
説明
任意
結果を実行する条件の要件
カスタム条件ロジックに一致
条件ロジック
(1 OR 2 OR 3) AND 4
リソース設定
演算子

{!$Record__Prior.Phone}
null
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.Phone}
変更済み
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.SMSSendPhoneNo__c}
null
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.Phone}
null
{!$GlobalConstant.False}

Phone にはSMSの変換に利用する電話番号項目をいれてください。

※ SMSSendPhoneNo__c には 4(共通設定)SMS用のカスタム項目の作成 で作成した、

 ②SMS用番号格納先の項目を選択してください。

image.png

6. 2つ目の結果を追加します。

スクリーンショット 2022-08-03 17.57.56.png


7. 以下のように条件を設定します。

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:Delete_SMS_Phone)
説明
任意
結果を実行する条件の要件
すべての条件に一致(AND)
リソース設定
演算子

{!$Record.Phone}
null
{!$GlobalConstant.True}
{!$Record.SMSSendPhoneNo__c}
null
{!$GlobalConstant.False}

Phone にはSMSの変換に利用する電話番号項目をいれてください。

※ SMSSendPhoneNo__c には 4(共通設定)SMS用のカスタム項目の作成 で作成した、

 ②SMS用番号格納先の項目を選択してください。

image.png

8. 下記添付画像のように「アクション」要素をクリックします

image.png

9. 以下条件を設定して[完了]をクリック

設定
設定値
検索条件
種別
Apexアクション
Change SMS Phone Format
表示ラベル
任意(SMS用電話番号へ変換)
API  参照名
任意(Change SMS Phone Format)
入力値を設定 ids
{!$Record.Id}
含める
ON
image.png

10. 「レコードを更新」要素をクリック

image.png

11. 「レコードを更新」要素の下記の値を設定して完了をクリック

設定
設定値
表示ラベル
任意(例:SMS格納電話番号を削除)
API参照名
任意(例:DeleteSMSPhone)
説明
任意
更新するレコードを検索してその値を設定する方法
フローをトリガした リード レコードを使用
レコードを更新する条件の要件
なし-常にレコードを更新
リードの項目値をレコードに設定
リードの項目値をレコードに設定
項目:SMS格納先電話番号のAPI参照名
※例:SMSSendPhoneNo__c

値:空白
スクリーンショット 2022-09-07 16.03.06.png

12. 下記画像のように設定して保存をクリックし、最後に[有効化]を行ってください。

設定
設定値
フローの表示ラベル
任意(例:SMS用番号を格納する)
フローのAPI参照名
任意(例:Set_SMSPhone)
2022-05-10_13h35_18.png

前へ[初期設定1]SMS接続設定

次へ[仕様]SMS電話番号重複レコードについて

この記事は役に立ちましたか?

0人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事