リード/取引先 自動判別連携機能

2022/01/12

データ連携時、取引先、リードのデータの有無により、連携対象を自動判別して連携を行う機能となります。

該当する取引先レコードが存在している場合は取引先へ、

取引先レコードが存在していない場合はリードへと連携を行います。

※自動判別機能をONにすると、手動による連携機能は使用できなくなります。

※Salesforce Platformライセンスの場合リードが利用できないため、自動判別連携も利用できかねます。こちらの機能をONにしている場合、Salesforce Platformユーザさまは取引先連携のみ利用できる流れとなります。


自動判別連携機能のフローについて

自動判別連携のフローは下記2パターンございます。

パターン①

取引先責任者の有無によってSalesforceへ連携していきます。

一致条件に該当する取引先責任者が無い場合はリード作成もしくは既存のリードへ更新されます。

image.png

パターン②

取引先の有無によってSalesforce側へ連携していきます。

 取引先は存在するが、取引先責任者が存在しない場合を想定しています。

image.png



設定方法

上記パターンのそれぞれの設定方法は下記となります。

パターン①

PHONE APPLI[管理者設定]-[データ連携共通設定]

  • 取引先・リード自動判別連携 ON
  • 取引先責任者が存在しない場合、取引先責任者を作成する OFF
    • こちらチェックを入れなかった場合は、取引先責任者は作成されずリードが新規作成されます。
image.png

パターン②

PHONE APPLI[管理者設定]-[データ連携共通設定]

  • 取引先・リード自動判別連携 ON
  • 取引先責任者が存在しない場合、取引先責任者を作成する ON
    ※ 取引先は存在するが取引先責任者が存在しない場合を想定

image.png

その他設定

取引開始済のリードを取引先責任者に紐づけさせることが可能です。

PHONE APPLI[管理者設定]-[リード連携]-[取引開始済みのリードは取引先責任者に紐づける

こちらの設定をONにすることで、自動判別連携後、一致条件に紐づいた裏側で持っているリードに紐づけさせることが可能となり、取引開始後の取引先責任者に紐づけさせる流れとなります。

※取引開始後に作成された取引先責任者(取引開始済のリード)とリードにて、それぞれ一致するレコードが存在している場合、リードではなく取引先責任者(取引開始済のリード)へ連携される流れとなります。

image.png


ユーザ画面の見え方

自動判別機能をONにすると社外連絡先に赤丸囲みのアイコンが表示され、自動判別機能の使用が可能になります。一方で、リード/取引先のアイコンが非活性となり、利用できなくなります。

(グレーアウトされます。+ボタンから指定取引先連携はご利用いただけます。)

※Salesforce Platformライセンスの場合リードが利用できないため、自動判別連携も利用できかねます。

 取引先連携のみ表示がされます。


社外連絡先(PCブラウザ)

スクリーンショット 2022-01-12 10.49.04.png



モバイルアプリ

スクリーンショット 2022-01-12 10.56.52.png



スキャナ(PACA for Salesforce 最新版にて利用が可能となります。)古いバージョンをご利用の際はこちら最新版をご確認くださいませ。

image

前へ取引先連携について

次へLBCコードについて

この記事は役に立ちましたか?

1人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事