LINE WORKS操作手順

2023/06/20

お客様を招待する

スクリーンショット 2023-05-08 18.14.55.png

※ LINEユーザーとつながる方法は下記参照

Bot操作手順

アドレス帳を取得する

モバイルの場合

画面下部に表示されるリッチメニューより、[アドレス帳取得] をタップすることで、LINE WORKS と友達になった外部ユーザー (LINEユーザー) の情報を取得します。

image.png
image.png

ブラウザの場合

ブラウザの場合はリッチメニューの代わりに、≡アイコン(三本線)をクリックし、[アドレス帳を取得する] をクリックします。

image.png

Salesforceに連携する場合

  • アドレス帳を取得するの通り、[アドレス帳取得] をタップします。
  • アドレス帳取得処理が開始すると「Salesforceに連携してください」のBotチャットを受信します。
  • システム管理者側の設定によって各種表示内容は異なりますが、「◯◯と紐づけ」を選択します
  • 「◯◯さんの紐づけ処理を行います ◯◯を返信してください」のBotチャットを受信します。
  • 紐づけ先に登録されている情報を入力します。
    • 検索条件 (部分一致検索、完全一致検索等) については、システム管理者側の設定によって異なります。詳細はシステム管理者へお問い合わせください。
    • ワイルドカードを使用し「*」全件検索も可能です。
    • 検索値が正しいフォーマットでない場合、Botから応答がない場合がございます(今後改善予定となります)。
      • スクリーンショット 2023-10-19 18.42.00.png
  • 「○○ ◯◯◯◯」のBotチャットを受信します。
  • 該当の紐づけ対象のSalesforceレコードに対し、「選択する」を選択します。
  • 紐づけ処理を開始し、紐づけ対象のSalesforceレコードに紐づけ処理されると、「Salesforce上の◯◯さんを更新しました」のBotチャットを受信します。
image.png
image.png
image.png

[アドレス帳取得] 表示される件数について

[アドレス帳取得] で一度に表示される外部ユーザー数は最大10件となります。

外部ユーザー数が11件以上ある場合10件目に[さらに表示]が表示されますので、タップすることで10件目以降の候補を表示することができます。

検索結果で表示される件数について

検索結果で一度に表示されるSalesforceレコード数は最大10件となります。

候補件数が11件以上ある場合、10件目に[さらに表示]が表示されますので、タップすることで10件目以降の候補を表示することができます。

Salesforceに紐づけた場合のトーク画面(電話帳)

図20.png

LINE WORKSのアドレス帳に登録されたLINEのユーザー名と、システム管理者側で設定した項目の値が異なる場合、

LINE WORKSのアドレス帳に登録されたLINEのユーザー名が下記の通りに更新されます。

<紐づけ前>LINE WORKSのアドレス帳に登録されたLINEのユーザー名 

<紐づけ後>Salesforceのシステム管理者側で設定した項目の値 (LINE WORKSのアドレス帳に登録されたLINEのユーザー名)

※ LINEではニックネームで登録している場合もある為、システム管理者側の設定で、LINE WORKSのアドレス帳の氏名の変更を許可するようにされている場合、識別できるようにリネームします。詳細はシステム管理者へお問い合わせください。

紐づけを行わない場合

[アドレス帳取得]から操作する場合

  • アドレス帳を取得するの通り、[アドレス帳取得] をタップします。
  • アドレス帳取得処理が開始すると「Salesforceに連携してください」のBotチャットを受信します。
  • システム管理者側の設定によって表示有無は異なりますが、「紐づけを行わない」を選択します。
  • 「○○さんを完了状態にしました」のBotチャットを受信します。

再度、アドレス帳取得処理を開始すると、「紐づけを行わない」を選択したユーザーを、紐づけ対象から外すことができます。

image.png
image.png

誤操作などで「紐づけを行わない」を選択しても過去のBot通知を遡ることで「○○○○と紐づけ」を実施することができるのでご安心ください。

[メニュー]から操作する場合

リッチメニューの「メニュー」→「連絡先を検索」機能でも、上記の [アドレス帳取得]から操作する場合 と同様の操作が可能です。

  • このページの下方にあります「連絡先を検索」の通り、[連絡先を検索] をタップします。
  • 「アドレス帳の検索を開始します。姓・名・ニックネーム・会社名に含まれる文字列を返信してください。」のBotチャットを受信します。
  • アドレス帳に登録されている情報を入力します。
    • 部分一致検索となります。
  • 連絡先検索処理が開始すると「Salesforceに連携してください」のBotチャットを受信します。
  • 既にSalesforceに連携している連絡先にて、システム管理者側の設定によって表示有無は異なりますが、「紐づけを行わない」を選択します。
  • 「○○さんの紐づけを解除しました」のBotチャットを受信します。

再度、連絡先検索処理を開始すると、「紐づけを行わない」を選択したユーザーが、「紐づけ済」から「紐づけしない」状態が変わっていることを確認できます。

image.png
image.png

紐づけ済の状態から「紐づけを行わない」を選択することで操作以降のトークログは格納されなくなります。

メニューを表示する

モバイルの場合

画面下部に表示されるリッチメニューより、[メニュー表示] をタップすることで、メニュー機能を表示します。

image.png
image.png

ブラウザの場合

ブラウザの場合はリッチメニューの代わりに、≡アイコン(三本線)をクリックし、[メニューを表示する] をクリックします。

image.png

連絡先を検索

LINE WORKSのアドレス帳から連絡先を検索し、マッチした連絡先の紐づけや紐づけ解除処理を行えます。

スクリーンショット 2023-05-08 19.20.02.png

紐づけ先を誤った場合、正しいSalesforceのレコードを検索し紐づけ直すか、「紐づけを行わない」より解除してください。

スクリーンショット 2023-05-08 19.19.36.png

『紐づけを行わない』を押下した連絡先

過去に「紐づけを行わない」を押したLINEアカウントを表示し、再度紐づけを行えます。

スクリーンショット 2023-05-08 19.26.21.png

ヘルプページ

LINE WORKS組み込みのブラウザでPHONE APPLIのカスタマーサイトに遷移します。

図7.png

前へはじめに

次へSalesforce操作手順

この記事は役に立ちましたか?

0人が役立ったと言っています

ご協力ありがとうございます。

最近見た記事